プロフィール

うりたけ

Author:うりたけ
仕事もサッカーも完全に汗かきボランチ、見た目は年より5歳若くても、脳年齢は15歳上です。
サッカーは今年で引退だね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二律背反

こないだ(1/26)日経新聞で全く関係ない二人が、
同じ朝刊の記事で「二律背反(Antinomy)」という自分には聞きなれない言葉を使用していました。

サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督とノーベル物理学者の江崎玲於奈氏博士

サッカーは、常に攻めと守りを同時に考えていなければいけないし、
ポジションも野球ほど固定化されていないため、
個性とチームという相反するものをバランスさせなくてはならない。
さらに、近代サッカーでは、ポリバレント(Polyvalent)という複数の役割をこなせる選手の重要性が増している。

オシム監督は、この点で、「二律背反」に見えるものを無理なく同居させる懐の深さを持つ日本人の特性が活きてくると考えているらしい。

江崎博士は、「素晴らしい発明、発見が生まれ環境」の答えとして、
「組織化された混沌」という「二律背反」な表現をしている。
部分的には、研究者は自由奔放に仕事を進めているので混沌としているが、研究所全体としては、バランスがとれ、秩序ある状態のことで、これは企業組織でもあてはまる。
→ いやぁ、「管理されすぎ」と「方針なさすぎ」は、身をもって経験したねぇ・・・

そういえば、清宮氏(この人の言葉もすごいけど・・)というカリスマから早稲田のラクビー部を引き継いだ中竹監督が目指してる「リーダが要らない組織」も、各選手が自主的に考えながら一つの方向にむかう状況であり、上記に相通じるものがあります。
→ こないだの「情熱大陸」、熱かったなぁ

この「二律背反」という表現は、自分が目指したい状態にまさにピッタリ、すっかり元気付けられてしましました。
単純なものです。

しかし、これをやるには、まだまだ自分は未熟ということも痛感。
特に、中竹監督のこの発言・・・

「僕はハーフタイムではほとんど何も言わないですよ。大事なことは。
練習中もほとんどみんな自分で考えてって言ってます。
だからやっぱこちら側は考えることを委ねて、考えることをさせていることに対する責任がこっちにもあるんで、 ちょっとぐらいの間違いであったり、ちょっとぐらいの違いがあっても、それは受け入れるべきだな、という責任を感じてますね。」

しゃべりたがりの僕には、ものすごいチャレンジですよ・・
でも、信頼するってそういうことなんだよね。
スポンサーサイト

ORGANIZER購入


明日から仕事再開なので、今年の小さな目標の一つ
「整理する」を実現するために、システム手帳(Organizer)を購入しました。

一緒に働いている人達はご存知の通り、
僕は、いろいろ細かいところがあるにもかかわらず、身の回りの整理というものが非常に苦手です(AB型の矛盾か??)。
机なんぞ、個人情報保護法に間違いなく引っかかる乱雑ぶりで、
スケジュールもPCを開かない限り、わからないという状態でした・・
→ 基本的に記憶力が良いので、あまり支障はなかったのですが・・

しかし、さすがに最近は、
記憶力を超える量のスケジュールやタスクが入ってくることが多く、
周りにも迷惑をかけてしまう可能性があるため、
今年は、「整理する」ということを小さな目標にしているわけです。

でも、もともとおっくうで管理していなかったのだから、
何かないと、結局途中でやめてしまう可能性が高いと思い、
自分の気に入ったデザインの手帳を年末年始探していました。

で購入したのが、以前から気になっていたNAVA designのOrganizer、
Exective saffiano patella pocketの黒です。
20070108215137.jpg
物はこんな感じだけど、これだと白いステッチとかが見えないからイマイチ伝わらないねぇ・・
ここの製品は、価格とデザインのバランスがいいので、気に入ってます

明日からは、「整理」のできるビジネス・オヤジを目指すぞ~!

ちなみに、まだまだ油断はなりません。
Palm、M1000と便利なITツールを持っていながら、一度も活用できなかった男です・・・。
周りの皆さん、どうもコイツ管理してないなぁ~結局と感じたら、すばやく注意して頂ければと思います

Madonna Confessions Tour

いろいろあってほとんど睡眠時間のなかった今週・・・

とても、体調的にも精神的にも疲れていて、そんな気分でもなかったが、
せっかく知り合いに無理をいってお願いしたこともあり、
Madonnaのコンサートに行ってきました。
060921_184655_M2.jpg
少し早めについたが、アリーナのなかなかいい席!
さすがa○○x、コネってすごい・・・
これなら顔までしっかり見えるぞ!

しかし~、
さすが、Madonna、開演時刻の7:00から30分、1時間過ぎてもなかなか始まらない・・・
これだけ待たされても暴れない日本人はすごい。
僕は、いい加減待ち疲れて、2度もトイレに行ってしまいました。

結局、1時間20分押しで始まりましたが、始まるとそんな不満は忘れて感心しまくり。
ライブというより、綿密にプランされたショーという感じで、
東京ドームが完全にディスコに(死語)!!
基本的には、最新アルバムの「Confessions on a dance floor」からの曲で、
色彩にこだわったバックのビデオとキレキレダンサーと
年齢完全不詳状態で歌い踊りまくるMadonnaの組み合わせがカッコよすぎ・・
そして、何よりもMadonnaの美しさと鍛えられた体と動きがすごすぎる
あんな48歳考えられない・・
→ 普通あの歳でレオタード着て踊られたら、ドン引きだけどねぇ(笑)

個人的に鳥肌がたったのは、
2曲目のLike a virginと最後のLucky Star --> Hung Upのメドレ
→ Luck StarにHung Upのメロディがかぶさって部分はカッコよすぎ
悲しいかな、 やはりBest Hit USA世代、鳥肌が立つ曲が古い・・・
060921_222207_M2.jpg
その他、2人で肩を組んで熱唱する明らかにホモのスキンヘッド達や
むりやり昔の服に体を押し込んだジュリアナおばさんなんかもいて
なかなか、観客側もビジュアル的にいい味をだしました。

アンコールがなかったのと、最後に風船がたくさん落ちてきて収拾がつかなくなったのは残念でしたが(写真参照)、
クタクタだった割にはかなり楽しめたのでよしとします。

CDでも借りて昔の歌も聴きなおすかなぁ~


バランスボールはすごいのか?

今日は、3連休の中日なのに特に予定がなかったので、
体幹を鍛えようと、バランスボールの上に、2時間のりながら
本(S.King)を読んでみた
→ もちろん休憩はあるけど、基本、足は床につけずにね。

S.Kingも相変わらず後半たたみこんでくるので、
バランスボールによる腹筋、腿筋への張りとあいまって、
最後はわけがわからんぐらい疲れました。
→ いやぁ、我ながら無意味な2時間であった・・(笑)

読み終わってから外を見たら雨が降り出していたので、
これなら街も空いてるなと思い、車で代官山の麻布テーラーに
スーツを作りに行きました。

予想通り空いていたので、快適にデザインを選び(しかも安くしてくれた!)、
一応、前回と変化がないか確認するために採寸してもらったら・・

「前回より、胸周りが大きくなってますねぇ~」

えっ、バランスボールってそんなに効果あるの??
いやいや、そんなわけはないよね。インナーマッスル系だもん。
→ しかも腹筋じゃないし

でも、ちょっと得した気分になった一日でした。
→ 帰りの運転中に聴いた、安部礼司も今週はそこそこおもしろかったし(苦笑)

マスタリングIPsec 第2版

仕事をしていたら、前職の同期からメールが・・
「ようやく、僕の本の第2版が発売されたから、来週、会社に送りますね」

おおぉ、それは「マスタリングIPsec」のことですね
なんでもオライリー本で日本人が執筆したもので(和訳ではなく)、
第2版がでるのは稀なことらしく、
一応レビューワとして参加させて頂いたこともあり、自分のことのようにうれしいですね
→ 興味のある方は(あまりいないと思うけど)、ぜひご購入ください(笑)




マスタリングIPsec 第2版





馬場 達也
オライリー・ジャパン (2006/08/23)





筆者である馬場君は、前職の最期のプロジェクトで、一緒にがんばった同期です。
所属も性格も違うので、仕事でもなければ知り合うこともなかったと思うけど、
プロジェクト自体が非常にきついものだっただけに、この本を見るたびに感慨深い思いが交錯します。

結果的には、あまり大きな成果にはならなかったけど、
会社からも求められていない、上司も何も決断できないという状況の中で、
自分たちで一生懸命考え、お互いに徹底的に議論し、
そして決めたプランを通すために上層部と戦いと、
入社して初めて自分達の責任でやっていると実感できたプロジェクトでした。
→ 毎日、大声で議論していたので、かなり周りは迷惑だったらしい・・(苦笑)

ただ、そこから得た結論がお互い少し違っていた・・
僕は、障害ばかりで自由度の少ない環境に限界を感じ、会社を離れましたが、
彼は、きちんと自分のやりたいことをできる環境を作って、セキュリティの仕事をしっかり続けながら、成果物であるこの本もしっかり第2版が出版・・・

まさに継続は力なり、頭が下がります。

今、自分はその頃と似たような気持ちになりがち状況にいますが、
その頃と少し違うのは、立場がリーダ的になっているので、
一緒にやってくれているメンバに対して責任があることと、
この時に切れてしまったことに対する悔いがどこかに残っていること。

だからまだがんばれるかなぁ~、いや、がんばらんとね

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。