プロフィール

うりたけ

Author:うりたけ
仕事もサッカーも完全に汗かきボランチ、見た目は年より5歳若くても、脳年齢は15歳上です。
サッカーは今年で引退だね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の人間力を試された出来事ベスト5(part2)

いやぁ~、よく寝ました。
酷暑の中、サッカー試合をして、ず~と気になっていた小さな一人がけソファーをついに購入して、家に帰ったら、そのまま夜でした(笑)。
→ ソファーについては、かなりのお気に入りなので、届いたらBlogするぞ~

そんなわけで、疲れも毒も取れて(サッカー最高!!!)
同じ1969年生まれのMichael Schumacherの気合のこもったレースを観て、すっかりすっきりしちゃったので、もう今更感タップリだけど、一応昨日の続きです

2位: バックオフィスのたらいまわし
ここ最近、自分が携わっている製品の価格関係で、バックオフィスの人達からプレッシャーを受け続けていました。
細かい内容は書けませんが、本社に価格体系に関するリクエストを上げていたのです。
それはそれでよくあることなのですが、アナウンスの関係で今月中までに承認されるという根拠を本社から取る様に、ここ一ヶ月バックオフィスから言われ続けていました。
→ 今まとなってよく考えてみると、問い合わせ先は彼らの上司なので、彼らが交渉すればすむ話ではあるのだが・・・

言われたとおり、USのチームのメンバと一緒に根拠資料をお願いしていたのだが、大企業だけに、なかなか作業も進まず、何かがかみ合わない・・挙句の果てに
「そんなものは必要ないと認識している」
「誰がそんなことを言ってるのか?名前を教えてくれ」
みたいなメールが来たので、限界を感じ、バックオフィスの人達に連絡をとることに。

「誰がそんなことを言ってるのか?みたいな話になっているので、どなたかの窓口になる方をお知らせしたいのですが?」
「私の名前を出すのはやめてください、6月で異動してバックオフィスではないので」
→ ええぇ?、じゃあなんで、出せ出せ言ってたの??、もう関係ない部署なのに???
「それでは引き継いだ方をお知らせすればよろしいですね?」
「えぇ~と、彼もほとんど経緯を知らないので、言ってもかまいませんが、どう答えますかねぇ~」
→ ここでやや落ちる・・・引継ぎしてないのぉ??
気を取り直して、新しい担当の方に電話
「なるほどねぇ、名前を出して頂いても構いませんが、何もできませんよ。
 状況もわからないですし、テレカンといわれても英語話せないので・・・」
なんで?なんでなんで??(再びザ・タッチ風)
だって、あなたのカウンタですよ、どうやっていつもコミュニケーションしてるの・・・

そして、奈落の底に突き落とされる一言。
「そもそも、多分根拠資料なんて必要ないですよ、あくまでもあればいいですよぐらいのアドバイスだったのではないですか?」
・・・・俺の一ヶ月を返してくれ~!!!
まぁ、自分の確認不足もあったのかなぁ・・とさすがに金曜日で激しく疲れていたので、しょんぼりと自分を納得させる。

1位: 適当すぎる言動
これは、個人的にかなり打撃を受けたのですが、やはりいろいろ書くのは止めておきます。
理由は、もう忘れてがんばるぞと気持ちを入れ替えたからです。

ただ、自分のわからないことが話題に上がった時、わからなければ相手に聞くか、他のメンバに任せることは大事ですよね。
ましてや、それがある程度の立場の方で、重要なお客様とのExecutive MTGで、ただえさえ誤解が起きがちな英語であった場合。
→ 「知っている知ってる」と言いたい気持ちはわかりますが・・
「いやぁ~、何言ってるのか全然わからなかったから、適当にごまかしちゃったよぉ~」
なんて、間違っても言って欲しくないです・・。
明らかにその場にいた誰もが(外人も含めて)適当に言ってることはわかってたから・・

まぁ、そんなわけで、ボロボロの1週間だったわけです。
でも、そんなことを力を抜く理由に絶対にしてはいけないわけです。
一生懸命がんばっている人達を思い出したり、観ることで、その気持ちを取り戻すことができました
→ ありがとう、ヒデ、
Schumacher、そしてSoccer!

  



スポンサーサイト

自分の人間力を試された出来事ベスト5(part1)

先のBlogにも書いたが、非常に疲れた1週間・・・。
忙しいだけなら、なんとか耐えられるが(まぁ好きでやってる面もあるし)、ここまで疲れたのは、特に今週人間力を試されることが続きすぎたからだと、じみじみ。060729_162800_M.jpg
自宅付近のドライブスールーのスタバで、福耳の新曲、「惑星タイマー」で心を落ち着かせながら、振り返ってみました。
→ 内容が、かなり内輪限定なのでわかる人しかわからないと思うけど(苦笑)


5位: ゆとりをもって遅刻するDirector
出張から帰って来た水曜日、お客様MTGが続いたのですが、その日最後のMTGが埼玉・・。
しかも、ご存知の様に気温は軽く30度を越えて、それだけでも苦痛の状況。
その前のMTGが品川かつ時間もぎりぎりだったため、品川駅までダッシュ、大汗かきながらも何とか約束の時間に駅に到着、フィールド営業のメンバとほっとしていたら・・・

一人来ない、それまで何も仕事がなかったはずのDirectorが来ない・・
この人しか先方と会ったことないのに・・・・来ない・・

結局、15分以上も遅れ、非常に気まずい雰囲気で先にMTGをはじめることに・・
しかも、大汗かきながら遅れてきたんだけど、この人かなり太い・・・、そして、恐縮しながらも隣にどかんと着席・・汗くせ~!!!!、死んだ・・

まぁ、この方が働かないことは有名なので、こちらも笑顔で対応。
しかも、帰りに靴を踏まれて、壊された!!、重すぎ・・・けど油断していた自分が悪いと納得させる。

4位: 働かないSales Executive
木曜日からは、自分の外人の上司や本社の開発のメンバが来日。
いろいろお客様先を周りたいと要求するが、正直、昔と違って日本のお客様も国際化しているから、ただ外人が来たというだけで時間を取るのは、難しいんだよねぇ・・
→ 日本の上司ははりきりまくっていたが・・(苦笑)

仕方がないので、重要なパートナ様とのMTGを設定、先方からこの分野の戦略と製品のマイルストーンを聞きたいとの要望があったので、自分の部門の本社のTopにあたるVPにプレゼンを依頼。
「Sure, I can do this」とかなんとか言ってたけど、事前にプレゼンを要求しても出してこないし、なんか怪しいなぁと思っていたら・・・

口頭で5分ほど、冒頭うんちくを語って、終~了~
それって、プレゼンじゃなくて、挨拶って日本では言うんですけど・・・・
あげくに、APAC側の上司は、飛行機がとか言って途中で帰る始末。
だから出席するなって言ったのに・・・
→ 先方もややあっけに取られ気味(苦笑)

さすがに、自分もペーペーではないので、こんなこともあろうかとバックアップで準備しておいたプレゼンを、機転の利く彼の部下のBDと行って、なんとか切り抜ける、彼は優秀でよかった!
→ ちなみにBDとはBusiness Developmentのことで、結構、こけおどしだけの人が多いです。

まぁ、USやAPACの偉い人はこんな人多いので、ある意味想定内と自分を納得させる。
久々に優秀なBDにも会えたし、お偉いさんに貸しも作っておいたしね・・
ただし、貸しと理解してればの話だけど(苦笑)

3位: 向上心のないフィールド営業
今回の来日した上記のBDは優秀で通信関係の経験も深い。
そこで、通信営業のマネージャからフィールド営業むけ内部勉強会の依頼あり。
この分野、ヨーロッパで起きている大きな変革が、ここ2-3年で日本でも起きそうだが、現場がついていけていないということで、いいですね~と早速企画。
現場も忙しいと思うので、夕方に設定し、マネージャさんみずから周知も行う。
僕も、自分のチームからも何人か参加を依頼する。

そして、当日、うちの部門からは関係もなさそうな人も含めて8名ぐらい来てくれたが、なんとフィールド営業からの参加は、「1名」・・・・
しかも、マネージャさん本人だけ・・・かなり落ちた・・・
そして、彼のこともかなり気の毒になった・・・

USのBDだって、すごく忙しいのにわざわさプレゼンまで作ってくれたのに・・
うちのメンバがいなかったらと思うと寒気すらします。

次の日の朝っぱら(すでに寝不足も限界)のフィールド営業との定例で報告したら、
「すいませんねぇ・・やっぱり内容が難しそうなのと英語が壁で・・・」
ちょっと?ちょっとちょっと??(ザ・タッチ風)、ここは外資系企業じゃなかったの???
しかも、難しいからこそ、価値がだせるんじゃないの???
いやはや、「僕は単なる製品売りの営業じゃないんです」なんて、おまんらには、二度と言わせねぇ~ぞと心の中で悪態をつくことで、何とか自分を納得させる。

さて、ここまで書いたところで、大分長くなってしまったし、深夜になってしまったので、強烈な残り2つは明日にします。

なんといっても、明日はサッカーの試合だし、ここで毒を出さないと本当にダメになりそうだから(笑)!

Hong Kong

先週は、本当に忙しく、Blogの更新もままならなかった・・。
お気に入りの「あ、安部礼司-BEYOND THE AVERAGE-」や「CHIMPAN NEWS CHANNEL」も聴くこと、視ることもできず、平均睡眠時間が3時間を切るという散々な一週間であった。
やはり激務は生活を荒ませるなぁ・・・

さて、今となっては遠い昔のことにさえ感じますが、週の前半(日、月、火)は2泊3日で香港に出張してました。
いやぁ~香港は本当に久々・・で、パスポートを見る限り2004年4月以来、ほぼ2年半弱来ていなかったことになります。
しかし、香港は自分のキャリアにとっては重要な場所で、今の会社に来て初めて
「外人と対等にやっていけるぞ!」
という自信を持つことができた共産党のプロジェクトやChina Development Centerとの協業の足がかりとなった場所なのです。
→ 思えば、あの頃はRicardoさんもよく働いてましたねぇ~お世話になりました

普段の出張はほぼ仕事しかしないのですが、今回は思い出深い場所でもあり、少し早めに到着して、旧友のBillyや今一緒に仕事をしているDennisにプライベートで会うことに。
→ 今となっては、これが寝不足週間のきっかけに・・

Billyは、今となってはChina Development CenterのNo.2的な立場にいますが、相変わらず頼りなさそうなのと、僕のためにいろいろ無理もしてくれます。今回も、奥さんの誕生日であったにもかかわらず、昼間時間をつくって、夫婦でいろいろ案内してくれました。
これは、自分のかつての実績!もあるのかもしれませんが、やはり、当時のRicardoさんの度重なる脅しが、今でも効いてるのでしょう(笑)。

その後、Dennisも婚約者と一緒に海水浴から戻ってきてくれて、希望通りのキレイ系かつ本格的な香港中華レストランに連れていってくれました。

中国との仕事は、信頼関係の構築も含めて難しい面もいろいろありますが、一度、信頼関係ができると、彼らはそれをものすごく大切にします。
今回も彼らのおかげで、リラックスした気持ちのいい時間をすごすことができました。
→ この日まではね

しかし、それ以外にも、妙にやたら学生時代的な懐かしさを憶えている自分が・・何だ?
確かに,当時一緒にきていたRicardoさんやSARAHさんの思い出もあるが・・それとも違う。
そして、目の前でいちゃつくDennisと婚約者の姿をみながらはたと気づく。

そうそう、これこれ、この旧ドリカム的な立場ですよ!
学生時代はバイトの内容もあり、盛り上げ、マンネリ解消、わけありごまかしと、いろいろな理由で、よくこういう意味不明の3人組の行動が多かったんだよねぇ~。
いやぁ~、久々に思い出しました。
でっ、やっぱり意外に馴染んでたんだなぁ、この結構楽な立場に(苦笑)

月9であれば、いい味だしますよ~(としいえ夫婦の場合は除く)






中田英寿の言葉

今日、中田ヒデが引退について語るTV番組を見ました。
昔から彼の言葉は、環境や立場が違うのにいつも自分のありかたについて考えさせられ、深い共感と励ましを感じます。
→ 年齢は全然年下なのにね・・

今回、特に印象に残ったのは
「自分のやっていることに常に誇りをもっている」
「一生懸命やるのは最低限のあたりまえのこと」
の2点。
これは、別にカッコつけているわけでもなく、仕事をしている中で、自分がこうありたいと思っていることや、周りの人達との間に感じているギャップを具現化した言葉であったからです。

今となっては、ヒデよりサッカーが上手い選手はそれなりにいると思うけど、どんな状況でも100%自分の力を出し切れる代表選手というと、やはり彼の右にでる選手はいないと思います。
→ かつては、カズとかゴンとかは、そういうものを感じさせてくれたが・・
それは、僕にとってはものすごく尊敬できることで、自分でも常に心がけているつもりです。

しかし、最近、会社の状況はあまりよろしくないことも多く、
チームのメンバから、「こんな仕事やる気がでない」とか「こんな給料ではやってられない」とかいう不満を聞いたり、
自分に対して「仕事しすぎ」とか「抱え込みすぎ」という注意をうけたりすると、
「気持ちはわかるが、文句言う前にやることやっているのか?」とメンバにネガティブな感情を持ってしまったり、自分の仕事に対する姿勢に疑問をもってしまったりしていました
→ もちろん、言われたことはきちんと受け止め、反省すべきことは反省すべきだが・・

そんなことが続いていたので、なおさら今日の中田ヒデの言葉は、すごく心に響き、「またがんばるぞ!」という思いにさせてくれました

思えば、今の会社に転職した時、うまく新しい環境に馴染めなくて不安定だった時期にも、彼がペルージャからローマに移籍していて、
「プロである以上、常に上を目指していかなければならない」
という言葉にすごく励まされたものです。

そういう意味では、ちょっと情けなくもあるが、今の自分の支えとなっている面もあるんだなぁと思ったりもします。
今後、彼がどういう人生を歩むのかはわかりませんが、どんな世界でも今の姿勢を貫いて、ぜひ成功してもらいたいものです。
がんばれ~!!!

若干、サッカー・バカなブログになって失礼しました(笑)

はるばる来ました市原 都リーグ vs パルティーレ

今日は、都リーグなのに市原まで来ちゃいました。
こないだは厚木だったし、これじゃすでに都リーグではなく関東リーグだろ・・・

ナビタイムでは、「海ほたる」を利用する様に案内されたが、往復6,000円かかるのを見てアホらしくなり、湾岸から館山道を利用。
それでも走行距離約80km、無茶な距離ではないので、僕が「海ほたる」を利用する日は、まず来ないことを確信。

グランドは写真のとおり、遠くからみると素晴らしい芝生ですが、実際はボコボコ・・。060709_125515_M.jpg
それでも芝生なのと、自分の得意な蒸し暑い季節が到来してきたので、そこそこ調子よくプレーしていたが、試合は0-3で負けてしまう。
自分はそんなに調子悪くなかったのに、チームとしては機能しなくてえらく凹みました・・
→ この手の負け方が一番後に引くんだよねぇ・・

そんなことを考えつつ、Red-Chiliのうら悲しいリフを聴きながら運転していたことも影響していたのかもしれないが、帰りの高速を一人で運転しながら、以下の様な思考パターンに入り、
「千葉県の高速の景色って、US(101)っぽいなぁ~」
「USに行ったみんなは元気にやってそうだなぁ~」
「なんか、みんないなくなって、つまらなくなったよなぁ~」
妙に寂しい気分に・・
→ 関係ないけど、ヒデも引退しちゃったし・・

そこにはかったかのようにメールが届く!
う~ん、ちょっと出来すぎじゃない~と
追突の危険を感じつつ、一生懸命メールを見てみると、
としいえ」から、「もも焼き正六に行こうとしたけど、休みだったよ~」
060701_200909_M_2.jpg
そういえば、こないだ正六お勧めしましたねぇ(苦笑)。
素晴らしい勢いで、現実世界に戻して頂きました~

まぁ、としいえは残り少ない職場の戦友なので、
ご褒美に、正六のオヤジの気合の入った調理姿をアップしとくよ!
ここのもも焼きは本格派で旨いぞ~!!





紫陽花の季節

仕事絡みで、2週連続で週末に箱根に行ってきました。
箱根の温泉は魅力的ではあるものの、仕事しかも合宿となると、大してくつろぐことも出来ずということで、あまり楽しいものはなかったが・・

1週目の合宿は車だったので、行き帰りともひたすら運転しているだけで、景色も満足にみていなかった。
2週目は車禁止だったため、しぶしぶ電車を乗り継いでで行くことに・・
JR東海道線から箱根登山鉄道に乗り換え、これは久々にのんびりした旅だなぁと(この電車は急勾配を登るためにスイッチ・バックまでやるよ)、ボーと外の景色を見ていたら、

いやぁ、夜なのに外の紫陽花がすごくキレイ
今って紫陽花の季節なんですね!
しかも、箱根登山鉄道では「アジサイ・ライト・アップ」なる小粋な演出や、乗った時には全く気づかなかったのだが、電車の中にもさりげなく紫陽花が生けてあるではないですか!
粋だねぇ~箱根登山鉄道
→ 携帯の写真ではわかりにくいが、外も満開です!

最近、というかここ数年、この時期は本当に忙しくてろくに季節を感じることがなかったので、妙に新鮮かつしんみりしてしまいました。
特に、ここ数週間は特に忙しかったので、心のゆとりもなく周りにもギスギスしてしまったかもしれないといたく反省。
やっぱり、人間(しかも日本人)なので、この手の季節感を楽しむ心は忘れてはいけないですね!

来週は、会社の近くでも紫陽花が咲いているか気をつけて見てみるか~

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。