プロフィール

うりたけ

Author:うりたけ
仕事もサッカーも完全に汗かきボランチ、見た目は年より5歳若くても、脳年齢は15歳上です。
サッカーは今年で引退だね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二律背反

こないだ(1/26)日経新聞で全く関係ない二人が、
同じ朝刊の記事で「二律背反(Antinomy)」という自分には聞きなれない言葉を使用していました。

サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督とノーベル物理学者の江崎玲於奈氏博士

サッカーは、常に攻めと守りを同時に考えていなければいけないし、
ポジションも野球ほど固定化されていないため、
個性とチームという相反するものをバランスさせなくてはならない。
さらに、近代サッカーでは、ポリバレント(Polyvalent)という複数の役割をこなせる選手の重要性が増している。

オシム監督は、この点で、「二律背反」に見えるものを無理なく同居させる懐の深さを持つ日本人の特性が活きてくると考えているらしい。

江崎博士は、「素晴らしい発明、発見が生まれ環境」の答えとして、
「組織化された混沌」という「二律背反」な表現をしている。
部分的には、研究者は自由奔放に仕事を進めているので混沌としているが、研究所全体としては、バランスがとれ、秩序ある状態のことで、これは企業組織でもあてはまる。
→ いやぁ、「管理されすぎ」と「方針なさすぎ」は、身をもって経験したねぇ・・・

そういえば、清宮氏(この人の言葉もすごいけど・・)というカリスマから早稲田のラクビー部を引き継いだ中竹監督が目指してる「リーダが要らない組織」も、各選手が自主的に考えながら一つの方向にむかう状況であり、上記に相通じるものがあります。
→ こないだの「情熱大陸」、熱かったなぁ

この「二律背反」という表現は、自分が目指したい状態にまさにピッタリ、すっかり元気付けられてしましました。
単純なものです。

しかし、これをやるには、まだまだ自分は未熟ということも痛感。
特に、中竹監督のこの発言・・・

「僕はハーフタイムではほとんど何も言わないですよ。大事なことは。
練習中もほとんどみんな自分で考えてって言ってます。
だからやっぱこちら側は考えることを委ねて、考えることをさせていることに対する責任がこっちにもあるんで、 ちょっとぐらいの間違いであったり、ちょっとぐらいの違いがあっても、それは受け入れるべきだな、という責任を感じてますね。」

しゃべりたがりの僕には、ものすごいチャレンジですよ・・
でも、信頼するってそういうことなんだよね。

ORGANIZER購入


明日から仕事再開なので、今年の小さな目標の一つ
「整理する」を実現するために、システム手帳(Organizer)を購入しました。

一緒に働いている人達はご存知の通り、
僕は、いろいろ細かいところがあるにもかかわらず、身の回りの整理というものが非常に苦手です(AB型の矛盾か??)。
机なんぞ、個人情報保護法に間違いなく引っかかる乱雑ぶりで、
スケジュールもPCを開かない限り、わからないという状態でした・・
→ 基本的に記憶力が良いので、あまり支障はなかったのですが・・

しかし、さすがに最近は、
記憶力を超える量のスケジュールやタスクが入ってくることが多く、
周りにも迷惑をかけてしまう可能性があるため、
今年は、「整理する」ということを小さな目標にしているわけです。

でも、もともとおっくうで管理していなかったのだから、
何かないと、結局途中でやめてしまう可能性が高いと思い、
自分の気に入ったデザインの手帳を年末年始探していました。

で購入したのが、以前から気になっていたNAVA designのOrganizer、
Exective saffiano patella pocketの黒です。
20070108215137.jpg
物はこんな感じだけど、これだと白いステッチとかが見えないからイマイチ伝わらないねぇ・・
ここの製品は、価格とデザインのバランスがいいので、気に入ってます

明日からは、「整理」のできるビジネス・オヤジを目指すぞ~!

ちなみに、まだまだ油断はなりません。
Palm、M1000と便利なITツールを持っていながら、一度も活用できなかった男です・・・。
周りの皆さん、どうもコイツ管理してないなぁ~結局と感じたら、すばやく注意して頂ければと思います

もうすぐ仕事はじめ

カレンダーから言えば、1月4日から仕事はじめですが、
今年は少し自分を見つめ直す時間を作ろうと思い、8日まで休みをつないでいます。
→ とは言え、「24」のシーズン5も見つめました

2006年を反省しながら、2007年のざっくとした目標(たいそうなものではないですが)
なんぞも立てつつ、
いろいろ読みたいなぁと思っていながら溜まっていた本をかなり読んでいました。


その中で、個人的に気に入ったのは、「グレート・ギャツビー」と「生き方-人間として一番大切なこと」。

前者は、純粋に小説として年末に現実逃避にも似た楽しみを与えてくれました。
→ 心理描写や風景描写がきめ細かい作品は、読むたびに新しい発見があるので、何回も楽しめる。
→ 「24」の賞味期限は1回・・そしてあの終わり方・・・・残念!

後者は、内容は賛否両論はあるとは思いますが、自分が1年間感じてきた主張や不満みたいなものを言葉として具現化してくれている部分があり、すごく励まされました。
→ 宗教家ではなく、稲盛氏という経営者の言葉だからかもしれませんが、自分にはすごくリアルに響きました


2006年は、仕事でもプライベートでも、大きな事から小さな事まで、
個人的に決断をしなければいけないことがいくつかあり、
それが正しい事だったのかを、常に考えさせられていた1年でした。

特に仕事という面では、周りの(親しい)人達から
現在の自分がおかれている環境や仕事内容に対して
マイナスの意見を受けることが非常に多く、
理解はしつつも、そこまで思わず(むしろ誇りに近いものさえ感じて)、
身を粉にしている自分は、少しおかしいのかなぁという寂しさを感じていました。

そういう意味で、後者に書かれていた
人生・仕事の結果 = 考え方×熱意×能力
の掛け算という基本的な考え方は、
自分には励みとともに、今年にむけての指針ともなりました。

「熱意」(努力)という部分だけは、去年やってきたことの中で、
自分が唯一きちんと誇れるものであり、
今年、「考え方」をマイナスにしてしまっては、
せっかく自分の行った決断や努力が悪い方向に行ってしまうからです。


なので、2007年も、環境とかいろんなことを理由に逃げずに、
きちんと自分で決めて始めたことをやりきろうと考えてます。
→ まぁ、継続と努力が自分の数少ない取り柄ですから(苦笑)

また、前者のような小説を楽しめるということは、
まだいい意味で、自分にはゆとりがあると考えています。
そういう部分を「忙殺」しないように、大切にいきたいとも思っています。


ということで、公私共にお世話になった皆様、旧年はお世話になりました。
本年も、なにとぞよろしくお願いします!!

Lost in "LOST"

最近、僕の土日の深夜の貴重な時間を消費していたもの・・
LOST
のシーズン1を昨日ようやく観終えました

これから観るつもりの人もいると思うので内容にはふれませんが、
しかし、あの終わり方はないよなぁ・・・ありえない・・・
大体、シーズン2があるっていう自体、
どうつなぐんだよとは思っていましたが、
死にそうなぐらいスン止めです

結構、登場人物の心の葛藤がおもしろかったので
(そのせいで進行は異常に遅いけど)、
24のシーズン1の時並みに、次々と借りていきましたが、
個人的には、同じJackならBauerですね。
無茶苦茶だけどシーズン終わればスッキリするもん。

そんなモヤモヤとした気分で出社したら、
さらに輪にかけてスッキリしないMTG・・
おぉ、これは呪われはじめたか??
→ あんたがLOSTだろと心の中で絶叫

まさに 「4 8 15 16 23 42・・・・・」

分かる人には分かります。
分からない人は、LOST観るか、ググッてください

都リーグ最終戦 vs RioPret

会社から帰ろうと思ったら、いきなり土砂降りになり始め、
帰るに帰れずとりあえずBlogを更新

いよいよ、都リーグも最終戦になってしまいました。
本当は、先週行われるはずの試合だったのが、いきなり今週に延期。
おかげで出張から帰ってきて参加することができました

一応、リーグは今年で最後と決めているので、
感慨深いものもあるかと思いきや、そんなものは全然なし!
というのも、前半は自分自身も、
そして一緒に組んでいた中盤のメンバも調子よく機能していて、
ひたすら楽しんでいたのと、
後半は、メンバ入れ替え後ガタっとチームの動きが悪くなり、
ひたすらボールを追いかけるだけになったため、
感慨にふけっている時間はなかったからです。
→ やたら調子の悪いメンバがいるなぁと思ったら、
  今日になり足首の骨折が判明
   そりゃ、瞬発力も出ないわな(苦笑)

試合は結局負けてしまったけど、やっぱりサッカーは楽しいね!
特に、今日みたいに自分もチームも機能していると感じられる時間が長いと
すごく気持ちいいし、いい年して向上心なんかもでてきちゃいます。
また、メンバとの年齢や普段の仕事も関係のないある意味平等で自由な関係や
一試合走りきった後のすがすがしさもやっぱりいいですねぇ~。

悔しい思いや悲しい思いもそれなりにしたはずなんだけど、
全体感から見れば、やっぱり楽しいスポーツです。
たかが素人チームとは言え、学ばされたことも多かった・・・
だから約30年も続けられたんだなぁとつくづく

なので、フットサルになるのかわからないけど、
何らかの形でまだまだ続けたいなぁと思います。

体もちゃんと鍛えないといけないので、そこは、Billy's Bootcampだな!

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。